紀州湯浅 湯浅大好きクラブ

トップ>湯浅の町並み>原砂糖店

三階に港を眺める物見櫓(ものみやぐら)がある

原砂糖店

地図へ
原砂糖店:クリックすると拡大します
所在地道町西側
特徴明治20年(1887年)頃建立
木造二階建て一部三階建て
広い間口(三戸分)

メニュー終わり

道町通りに面した豪商です。江戸時代末期より砂糖、菓子の製造販売をしていました。

普通の商家は一戸の間口三間ですが、これは三戸分、間口九間にもなります。

原砂糖店:物見櫓:クリックすると拡大します

三階の物見櫓のなかは三畳の広さがあり四方を開け放つ事ができるそうです。港の方向の西面に大きな開口部がとられています。ここから港の船の出入りや湾に落ちる夕日を眺めながらお酒を酌み交わしたとか。