紀州湯浅 湯浅大好きクラブ

トップ>湯浅の町並み>平入り、妻入り

切妻屋根と出入り口の方向を示す名称

平入り、妻入り

頂点に棟の稜線が 1本通り、両側に屋根面が流れる形を切妻(きりづま)造りと言います。また、切妻の雨が流れ落ちる方向(棟と平行な側面)を平(ひら)といい、三角形の切り口の方(長方形平面の短辺)を妻(つま)と言います。出入口が平側にあるものを平入り、妻側にあるものを妻入りといいます。

湯浅の町並みには、平入りが並んだ町屋が多いのが特徴です。

平入の例:クリックすると拡大します 妻入の例:クリックすると拡大します

(左)平入の例:栖原家  (右)妻入の例:戸津井家樽蔵