紀州湯浅 湯浅大好きクラブ

トップ>湯浅の町並み>立石の道標

熊野古道の道しるべ

立石(たていし)の道標

地図へ
立石の道標:クリックすると拡大します
所在地 道町西側
特徴 天保9年(1838年)建造
高さ2m
石柱の4面で方角を示す
 

 

道町通りと寺町道りの交差点にあります。
この道町通りが昔の熊野古道であり、この地点が熊野古道と高野山への道の分岐点であったことを示しています。 夜はライトアップされます。

東面には頭に指で北を指した図が彫られ「きみゐでら」(紀三井寺)の文字。
北面には「すぐ熊野道」の文字。「すぐ」というのは「近い」と言う意味ではなく、「まっすぐ」と言う意味です、念のため。
南面には「いせかうや右」(伊勢・高野山は右へ)の文字。