紀州湯浅 湯浅大好きクラブ

トップ>湯浅の町並み> 厨子(つし)二階

二階が低い古い町屋の形式

厨子(つし)二階

厨子(つし)二階とは、二階の天井が通常より低い町屋の様式です。近世後期頃に完成し,明治時代の後期まで一般的に建築されました。本格的な二階は“町人が武士を見下ろさず”の禁制からなかなか建築されなかったようです。

従って、町屋の古いものは二階の低い「つし二階」で、新しいものは二階の高い「本二階」です。二階を本二階として一階と同じように使用するのは新しい傾向です。

高さを抑えたつし二階は主に物置き部屋として利用されていました。つし二階の窓は虫籠(むしこ)窓が一般的です。

つし二階の例:塩崎家:クリックすると拡大します つし二階の例:竹林家:クリックすると拡大します

つし二階の例:(左)塩崎家  (右)竹林家