紀州湯浅 湯浅大好きクラブ

トップ>湯浅の町並み>袖壁・卯建

装飾と隣家からの防火対策

袖壁・卯建(うだつ)

一階屋根と二階屋根の間の外壁に張り出すように袖壁のある家があります。この袖壁は装飾目的とした場合もありますが、隣家からの火災が燃え移るのを防ぐ防火壁として作られていることが多いようです。 袖壁の中で特に壁の上部に瓦屋根のあるものは卯建と呼ばれています。

壁の表面に様々な模様を施したものもありますね。

ちなみに「うだつがあがらない」という慣用句は、この卯建からきているという説があります。卯建を設置するのにそれなりに費用を要するため、比較的裕福な家に設けられることが多かったことから、「うだつがあがらない」人とは、甲斐性がない人、出世の望めないなさけない人などの意味になるようです。

袖壁の例:金谷伊兵衛商店:クリックすると拡大します 卯建の例:道町の鎌田家:クリックすると拡大します

(左)袖壁の例:金谷伊兵衛商店  (右)卯建の例:道町の鎌田家